未来技術研究所は創業当初から
AIのシステム開発に率先してチャレンジしてきました

ものづくり、人材発掘、各種検査システムやマッチングシステムなど、
AI初期の推論マシンを中心とした当のAIの仕組みでも、
具体的なシステムを開発してきた実績があります

きづくり名人ジンゴローI世 -1990年-

大手エレクトロニクスメーカー主催のコンピュータフェアで「AI-MASK」や木造軸組み工法CAD/CAMシステム「きづくり名人ジンゴローI世」を発表・展示。
大手住宅メーカー系列の木材プレカット工場に多数導入されました。
その結果、システムを搭載した当時のワークステーションのシステム販売に最も貢献した企業としても表彰されました。

人材発掘システム -1992年-

個人スキルシートから人材をAIにより適材適所に推奨する「人材発掘システム」を開発し、大手エレクトロニクスメーカーの事業所に導入されました。

消防自動車配車システム -1997年-

消防車の消火活動に最適なルートをAIで提示する「消防自動車配車システム」をカーナビ版で開発し、大手カーナビメーカーに納入しました。
その後NHKドキュメンタリー番組でも概要が紹介されました。

最近の取り組み

ディープラーニング(深層学習)やビッグデータ、IoTなど技術を組合わせ、医療や人間工学、画像認識など幅広い分野における研究・開発に携わっています。

AIの表面的なブームに踊ることなく、
システム開発で解決すべき課題を見据えて、
これからも真摯にチャレンジして参ります。

AIのシステム開発のご相談も受けていますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい!

問い合わせ先

株式会社未来技術研究所 東京支店

〒141-0031
東京都品川区西五反田一丁目29番1号 コイズミビル5F

TEL:03-3491-0871

お問い合わせはこちら(メールフォーム)